Amazon【日替わり】タイムセール実施中! 詳細を見る

湯沸かし太郎はドンキに売ってる?店頭で販売してる?最安値はどこ?類似品も調査

湯沸かし太郎 ドンキ

湯沸かし太郎という商品をご存知でしょうか?
名前から、電気ポットやケトルなどの商品をを想像する人もいるかもしれませんが、実は湯船に入れてお風呂を沸かすことのできるアイテムなんですよ!
給湯器が急に壊れてしまった時や、自宅のお風呂に追い炊きの機能が付いていない方にとっては水道代の節約にもなって嬉しい商品ですよね。
また、電源さえあればどこでも使える商品なのでアウトドアに持っていくのもおすすめですよ。
湯沸かし太郎はどこに売っている?
最安値で買うには?
そんな疑問について調査し、まとめてみました。

ココで買える!

日替わりお得情報!

楽天市場【24時間限定】タイムセール実施中!

毎日10時に商品更新!

【24時間限定】でタイムセールを開催中

\赤字覚悟の24時間限定プライス /

目次

湯沸かし太郎はどこで売ってる?店頭で販売してる?

  • ヤマダ電機
  • ビックカメラ
  • エディオン
  • ケーズデンキ
  • カインズ
  • コーナン
  • コメリ
  • ビバホーム
  • カーマ
  • コーナン

上記の家電量販店・ホームセンターを調べましたが、残念ながらいずれも取り扱いがされていないようでした。
ヨドバシカメラに関しては、売っているという情報もあれば売ってないという情報あり、真偽がよくわかりませんでした。
一部の店舗でしか取り扱っていないということかもしれませんね。
また、ドン・キホーテでも売ってはいないようです。

湯沸かし太郎 ドンキ
引用元:Xサイトより

湯沸かし太郎の定価は?最安値はどこ?

最安値.comを参考にしてみたところ現在最安値で湯沸かし太郎が買えるのは、Amazonです!

湯沸かし太郎 Amazon
引用元:Amazonサイトより

クマガイ電工から発売されている商品なのですが、公式通販サイトでは37,950円(税込)で売られているので、今Amazonで購入すればかなりお得に手に入るのではないでしょうか。
なんと、約11,000円も安く購入することができちゃうんです!
中古品でも気にされないのでしたら、マーケットプライスで19,500円(税込)で買うこともできます。

湯沸かし太郎の類似品は?

湯沸かし太郎の類似品には以下のような商品があります。

投げ込みヒーター(Bubbue)

電気代の安さと温度調節のしやすさが最も優秀な商品です。
タイマー機能も付いています。
水回りで使う物なので、火災・感電・火傷のリスクは避けたいですよね。
簡易追い炊きの機械を使う場合、それらの事故を防止してくれる安全機能の充実度も気になるところなのではないでしょうか?
投げ込みヒーターの場合は、火災と感電の防止機能は1つずつ付いていますが、やけどに関しては考慮されていない設計となっています。

風呂バンス(ゾリステン)

約4時間でお湯を沸かすことができる商品です。
詳細な温度設定が可能です。
先ほど紹介した投げ込みヒーターと比べ、火災・感電・やけどの3つすべての事故リスクに対して防止機能がついているので安心して使うことができますよ。

湯沸かし太郎の人気はどれ?

やはり、自宅のお風呂に追い炊きの機能がない場合や、給湯器が壊れた際に湯沸かし太郎が非常に役に立ったという声が大きかったですね。
つまみを回す・ボタンを押すだけのシンプルな操作設計。
水位異常感知装置・以上温度上昇防止装置・ヒーター異常加熱防止装置・過電流防止装置・漏電防止装置の5つの安全装置付きで、安心して使用することができます。

湯沸かし太郎同様、こちらもクマガイ電工から販売されている商品です。
独自のシステムを採用しており、浴槽の中の水を均一に保温することができます。
遠赤外線セラミックボール・マイナスイオンセラミックボール・銀イオン系抗菌セラミックボールが機器の中に内蔵されています。
お湯の腐敗・ぬめり・臭い・雑菌の発生の抑制、温浴効果をもたらしてくれます。

湯沸かし太郎について知恵袋などによくある質問

湯沸かし太郎を使ったらどれぐらいの時間でお湯は沸きますか?

6時間はかかります。もちろん、浴室自体の温度やフタや浴槽の材質によっても違ってくるのであくまで目安ですが。

湯沸かし太郎の電気代はいくらぐらいになるのでしょう?

合計で910W消費します。湯沸かし太郎の電力消費量は約27円/kwhなので、1時間あたりの電気代は、27円×0.91Kwh=約24.6円となります。 夏場なら、3~4時間程度、冬場なら8~9時間程度で適温にすることができるので、100円~220円といったところでしょう。

湯沸かし太郎の使い方が知りたいです。

①お水またはお湯を浴槽に入れる。最大250リットルまで大丈夫です。
②本体を水中に沈める。本体は寝かせて置くようにしましょう。その際に、空焚き防止のため完全に水の中に③湯沸かし太郎が入っているかを必ず確認するようにしてください。
④温度を設定し、スイッチをONにする。

湯沸かし太郎の温度設定は何度までに対応していますか?

30℃~45℃です。

まとめ

自宅のお風呂に追い炊き機能が付いていない場合に非常に便利な湯沸かし太郎。
家電量販店、ホームセンター、ドン・キホーテなどの実店舗では売っていないところがほとんどなので、確実に入手したい場合はAmazonや楽天などの通販サイトで購入するのをおすすめします!
Amazonでは現在、26,877円(税込)という最安値で湯沸かし太郎を買うことができますよ!
シャワーから湯船に入る機会が多くなる冬に向けて、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次