\ ポイント最大9倍! / 詳細を見る

simカードはどこで買える?コンビニ・ビックカメラ・ドンキホーテなど販売店を調査!

sim カード どこで買える

SIMカードは簡単に手に入れられますが、どこで買うのが最適でしょう?

この記事では、コンビニ、ビックカメラ、ドンキホーテなど、様々な販売店を調査しました。

\ ココで買える! /

日替わりお得情報!

Amazon【日替わり】タイムセール!

人気の商品が日替わりで毎日お得!

掘り出し物もチェック!

\期間限定!70%以上の割引あり /

目次

simカードはどこで買える?販売店を調査!

スマートフォンユーザーにとって欠かせないSIMカード。

しかし、どこで購入すれば良いのか迷ってしまうことも少なくありません。

本記事では、ファミリーマートをはじめとするコンビニから、ビックカメラのような家電量販店、さらには携帯ショップや通販サイトまで、多岐にわたるSIMカードの販売店を徹底調査しました。

ファミマなどコンビニ

コンビニ大手3社を調査してみました。

ファミリーマート

ファミリーマートではSIMカードが販売されていました。

SIMカード ファミリーマート
引用元/ファミリーマート

ローソン

ローソンではSIMカードが販売されていました。

SIMカード ローソン
引用元/ローソン

セブンイレブン

セブンイレブンではSIMカードが販売されていませんでした

ビッグカメラなど家電量販店・通販サイト

大手家電量販店3社を調査してみました。

ビックカメラ

ビックカメラではSIMカードが販売されていました。

SIMカード ビックカメラ
引用元/ビックカメラ

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラではSIMカードが販売されていました。

SIMカード ヨドバシカメラ
引用元/ヨドバシカメラ

ヤマダ電機

ヤマダ電機ではSIMカードが販売されていました。

SIMカード ヤマダ電機
引用元/ヤマダ電機

ドコモ・ソフトバンク・auなど携帯ショップ・公式サイト

ドコモ・ソフトバンク・auなど携帯ショップ・公式サイトを調査してみました。

ドコモ

ドコモでは、携帯ショップや公式サイトでSIMカード(SIMパッケージ)を購入できます。

ドコモのSIMカードは、新規契約や機種変更、MNP(他社からの乗り換え)時に選択できるほか、SIMフリー端末での使用も可能です 。

ソフトバンク

ソフトバンクでは、店頭または公式サイトを通じてSIMカードを購入できます。

ソフトバンクのSIMカードは、新規契約や機種変更、MNP(他社からの乗り換え)時、またはSIMフリー端末での使用が可能です 。

au

auでは、公式サイトや携帯ショップでSIMカード(au ICカードとも呼ばれる)を購入できます。

auのSIMカードは、新規契約や機種変更、MNP(他社からの乗り換え)時に選択でき、SIMフリー端末での使用も可能です​​。

各キャリアとも、SIMカードの購入時には契約内容に応じたプランの選択が必要です。

また、オンラインでの購入は、自宅に郵送される形式が一般的で、店頭で直接手に入れる場合は即日利用開始の手続きが可能です。

これらのサービスを利用する際は、キャリアの公式サイトで最新の情報を確認することをおすすめします。

楽天・Amazon・Yahoo!ショッピング

楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングの各オンラインショッピングサイトを調査してみました。

楽天

楽天市場ではSIMカードが販売されていました。

国内向けのものから海外用のプリペイドSIMカードまで幅広いラインナップが揃っています。

これには、データ専用SIMや音声通話機能付きSIM、さらには様々な通信キャリアのネットワークを使用するSIMが含まれます​​。

Amazon

Amazonでは、SIMカードが販売されていました。

データ専用SIMカードから、音声通話対応のSIMカード、さらには異なる通信キャリアに対応したSIMカードまで、さまざまなニーズに応える製品が提供されています​​。

Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングではSIMカードが販売されていました。

国内用SIMカードから海外用のプリペイドSIMカードまで、多岐にわたる商品が販売されています。

これには、データ通信専用のSIMや音声通話機能を含むSIM、さまざまな通信キャリアを利用するSIMカードが含まれます​​。

空港

日本を含む多くの国の空港でSIMカードが販売されています。

これらのSIMカードは、訪日外国人旅行者一時帰国者など、短期間での通信ニーズに対応するために設置されていることが多いです。

日本の空港では、プリペイド式のデータSIMカードや、国内用および海外用のSIMカードが自動販売機や専門カウンターで販売されています。

ドンキホーテで買える?

ドン・キホーテではSIMカードは販売されていませんでした。

SIMカード ドンキホーテ

simカードの値段は?

SIMカードの価格は、提供するサービスの内容や契約する通信キャリア、購入するタイプによって異なります。

ここでは、大手携帯電話会社と格安SIM、さらにプリペイドSIMカードの価格について解説します。

携帯のキャリアによって値段が違う?

日本の大手キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)で提供されるSIMカードは、一般に月額基本料金として数千円からの料金が設定されています。

これに加えて、データ量や通話オプションに応じた追加料金が発生する場合があります。

大手キャリアは安定した通信環境や充実したサポートサービスを提供していますが、その分価格は高めに設定されていることが一般的です。

安さで選ぶなら格安simカード

格安SIMカードは、大手キャリアに比べて低価格でサービスを提供しています。

これらは、MVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる事業者が大手キャリアのネットワークを借りて提供するサービスで、データ通信専用プランや少量のデータプランが月額数百円から利用可能です。

ただし、エリアによっては通信速度が大手キャリアに劣る場合があるため、価格とサービス内容をよく比較することが重要です。

プリペイドsimカードの値段は?

プリペイドSIMカードは、事前に料金を支払い、その範囲内でデータ通信や通話が利用できるタイプです。

価格は提供するデータ量や利用期間によって異なり、数百円から数千円の範囲で購入できるものが多いです。

プリペイドSIMは、短期間の利用やデータ使用量が少ないユーザーに適しており、旅行者や一時帰国者に人気があります。

SIMカードの選択にあたっては、自分の使用状況や必要なサービス内容、予算を考慮し、最適なものを選ぶことが大切です。

また、購入前には通信速度やカバーエリア、サポート体制など、各サービスの詳細情報も確認しておくことをおすすめします。

simカード 購入する時に必要なものは?

SIMカードを購入する際には、いくつかの必要な書類や情報があります。

これらは、契約の種類や購入する場所によって異なる場合があるため、事前に確認しておくことが重要です。

以下に、一般的に必要とされるものを紹介します。

本人確認書類

ほとんどの場合、SIMカードを購入する際には本人確認書類が必要となります。

これは、契約者が実際にその人であることを確認するためです。

一般的に受け入れられる本人確認書類には、以下のものがあります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証(住所が現住所と一致しているもの)
  • 住民基本台帳カード(写真付き)
  • 外国人登録証明書(在留カード)

支払い方法

SIMカードの契約には、通常、初期費用や月額料金の支払いが伴います。

そのため、支払い方法の準備も必要です。支払い方法は以下のように多岐にわたります。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 銀行口座振替
  • 現金(プリペイドSIMカードの場合や店舗での即時購入)

予備知識

SIMカードを購入する前に、自分のスマートフォンがSIMフリー端末であるか、または購入予定のSIMカードが対応しているネットワークバンドをサポートしているかを確認することが重要です。

SIMロックされている端末では、特定のキャリアのSIMカードしか使用できないため、必要に応じてSIMロック解除の手続きを行う必要があります。

サイズの確認

SIMカードには、標準サイズ、マイクロSIM、ナノSIMなど、複数のサイズが存在します。

購入前には、自分の端末に適合するSIMカードのサイズを確認しておく必要があります。

SIMカードタイプ寸法 (長さ×幅, mm)厚さ (mm)主な利用開始時期特徴
標準サイズ85.6×53.980.761990年代後半初期の携帯電話に使用されていたサイズ。
現在はほとんど使われていない。
マイクロSIM15×120.762003年現在一般的に利用されているSIMカード。
多くのスマートフォンで採用されている。
ナノSIM12.3×8.80.672012年より小型化が進んだSIMカード。
最新のスマートフォンに多く採用されている。
標準サイズ、マイクロSIM、ナノSIMの比較表:寸法、厚さ、利用開始時期、特徴

simカード 人気はどれ?

おすすめのSIMカードを紹介します。

ソフトバンクのプリペイドSIMは、日本語、英語、中国語の明瞭なマニュアルが付属しており、設定が簡単で利便性が高いです。

また、プリペイド式でコストパフォーマンスに優れ、SIMピンも付属しているため、不定期にデータ通信が必要なサブ端末に最適です。

Nippon SIMは、15GBや30GBのデータプランで180日間利用可能であり、ユーザーからはその経済性と便利さで高い評価を受けています。

設定は簡単で、多くのデバイスやモバイルルーターで問題なく使用でき、サポートも迅速であることが強調されています。

simカードはどこで買えるかを調べている人がよく思う質問

プリペイドSIMは買ってすぐ使えますか?

プリペイドSIMは多くの場合、購入後即時に使用開始できますが、利用開始手続きが必要な場合もあります。

プリペイドSIMは本人確認が必要ですか?

プリペイドSIMの購入時に本人確認が必要な国もあれば、不要な場合もあります。

購入国の法律により異なります。

プリペイドSIMでLINEは使えますか?

プリペイドSIMでもデータ通信が可能な限り、LINEを含むインターネットサービスは利用できます。

格安SIMはすぐに手に入りますか?

格安SIMは即日手に入る場合が多いですが、店舗やオンラインでの在庫状況によっては若干の待ち時間が生じることもあります。

まとめ

SIMカードは、コンビニ、ビックカメラなど、さまざまな場所で手に入れることが可能です。

各販売店では、利用者のニーズに合わせた多種多様なSIMカードを取り揃えており、即時利用が可能なプリペイドSIMから、データ専用SIM、格安SIMまで、様々なオプションが用意されています。

購入時の本人確認の有無や利用開始手続きの必要性は、販売店やSIMの種類によって異なるため、事前に確認することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次