\ ポイント最大9倍! / 詳細を見る

防犯カメラはどこで買う?ホームセンター・ヤマダ電機・エディオン・コーナン・コメリを調査!

防犯カメラ どこで買う

安全を守るための第一歩として、防犯カメラの導入を考えている方は多いでしょう。

しかし、どこで購入すれば良いのか、選択肢が多すぎて迷ってしまうことも。

そこで、ホームセンター、ヤマダ電機、エディオン、コーナン、コメリといった様々な販売店を徹底調査しました。

\ ココで買える! /

日替わりお得情報!

楽天市場【24時間限定】タイムセール実施中!

毎日10時に商品更新!

【24時間限定】でタイムセールを開催中

\赤字覚悟の24時間限定プライス /

目次

防犯カメラはどこで買う?販売店の取扱い状況を調査!

安全な生活空間を確保するため、多くの家庭や企業が防犯カメラの導入を検討しています。

しかし、防犯カメラをどこで購入すべきか、その選択は容易ではありません。

そこで、主要な販売店であるホームセンター、大手家電量販店、専門店の取り扱い状況について徹底調査しました。

コーナン・コメリなどホームセンター

コーナンでは、防犯カメラが販売されていました。

防犯カメラ コーナン
引用元/コーナン

コメリでは、防犯カメラが販売されていました。

防犯カメラ コメリ
引用元/コメリ

ヤマダ電機・エディオンなど家電量販店

ヤマダ電機では、防犯カメラが販売されていました。

防犯カメラ ヤマダ電機
引用元/ヤマダ電機

エディオンでは、防犯カメラが販売されていました。

防犯カメラ エディオン
引用元/エディオン

防犯カメラ専門店

日本防犯システムでは、防犯カメラが販売されていました。

防犯カメラ 日本防犯システム
引用元/日本防犯システム

アルソック・セコムなどセキュリティ会社

アルソックでは、防犯カメラが販売されていました。

防犯カメラ アルソック
引用元/アルソック

セコムでは、防犯カメラが販売されていました。

防犯カメラ セコム
引用元/セコム

NTT(エヌティーティー)

NTT(エヌティーティー)では、防犯カメラが販売されていました。

防犯カメラ NTT
引用元/NTT

楽天・Amazonなどネットショップ

楽天では、防犯カメラが販売されていました。

防犯カメラ 楽天
引用元/楽天

防犯カメラ 設置費用の相場は?

防犯カメラの設置を検討しているが、どれくらいの費用がかかるのか気になる方も多いでしょう。

設置費用は、カメラの種類や設置する場所、必要な機能によって大きく異なります。

ここでは、屋外・屋内用防犯カメラの設置費用相場と、レンタルの場合の費用について解説します。

屋外・屋内用の設置費用の相場は?

屋外用防犯カメラの設置費用相場は、一般的にカメラ一台につき3万円から10万円程度が目安とされています。

これには、カメラ本体の価格、取り付け工事費、必要な場合の配線工事費が含まれます。

屋外用カメラは耐候性や暗視機能など、特別な仕様が求められるため、屋内用カメラに比べて価格が高めに設定されている傾向があります。

屋内用防犯カメラの場合、設置費用相場は一台あたり2万円から5万円程度です。

屋内用は比較的設置が簡単で、特殊な機能を持たない基本的なモデルが多いため、屋外用に比べてコストは抑えられます。

ただし、高度な監視機能や画質を求める場合は、それに応じて費用が上がることになります。

レンタルの場合の設置費用の相場は?

防犯カメラをレンタルする場合、初期費用は大幅に削減されることが多いです。

レンタルサービスでは、設置費用相場が一台あたり1万円から3万円程度となっている場合が多く、これにはカメラのレンタル料金、設置工事費が含まれます。

また、レンタルの場合は長期的に月額料金が発生しますが、メンテナンスや故障時のサポートが充実している点がメリットです。

レンタルサービスを選択する場合は、契約期間や月額料金、サポート内容をしっかりと確認し、自身のニーズに合ったプランを選ぶことが重要です。

防犯カメラはどこで買う?目的別のおすすめ店舗は?

防犯カメラを選ぶ際、最適な購入先を知ることは非常に重要です。

用途や設置場所、予算に応じて最適な店舗が異なるため、目的別におすすめの店舗を紹介します。

家庭用で手軽に設置したい場合

大手家電量販店(ヤマダ電機、エディオンなど)

店頭で実際の製品を見て選べる点が大きなメリットです。

価格帯も幅広く、初心者向けのシンプルなモデルから高機能なものまで揃っています。

また、店員による相談やアフターサポートも充実しています。

オンラインショップ

Amazonや楽天市場など、オンラインで購入する方法もあります。

レビューやランキングを参考にしながら、自宅にいながらじっくりと選べるのが魅力です。

価格比較も容易で、時には店頭よりも安価で購入できることもあります。

高性能な防犯カメラを導入したい場合

専門店(日本防犯システムなど)

専門知識を持ったスタッフが、最適なシステムの提案から設置、メンテナンスまで一貫してサポートしてくれます。

カスタマイズ性が高く、特定のニーズに合わせたシステム構築が可能です。

コストを抑えて導入したい場合

ホームセンター(コーナン、コメリなど)

家庭用の基本的な防犯カメラを低価格で手に入れたい場合は、ホームセンターがおすすめです。

自分で簡単に設置できるタイプの商品が多く、初期費用を抑えたい方に適しています。

中古品を扱う店舗やオンラインショップ

中古品を取り扱う店舗や、メルカリなどのフリマアプリも選択肢の一つです。

使用感はありますが、機能性に問題なければ大幅にコストダウンできます。

購入時は動作確認や保証の有無をしっかりと確認しましょう。

レンタルで利用したい場合

セコムやALSOKなどのセキュリティ会社

防犯カメラのレンタルサービスを提供しているセキュリティ会社もあります。

初期費用が低く抑えられる上に、定期的なメンテナンスや24時間体制の監視サービスを受けられるため、手間をかけずに高度なセキュリティを確保したい場合に最適です。

防犯カメラを買う時に注意することは?

防犯カメラを導入する際、適切な製品を選び、有効に活用するためにはいくつかの重要なポイントに注意する必要があります。

以下では、防犯カメラを購入する際に考慮すべき主要な要素を解説します。

目的と必要性の明確化

防犯カメラを導入する主な目的を明確にしましょう。

家庭内の監視、外部からの侵入者検知、または特定のエリアの観察など、目的に応じて選ぶべきカメラの種類が異なります。

設置場所の選定

カメラを設置する場所によって、防水性能や耐候性、視野角など必要な機能が変わってきます。

屋外に設置する場合は、防水・防塵機能を持つ製品を選ぶ必要があります。

画質と解像度

監視目的に応じて、適切な画質と解像度のカメラを選びましょう。

顔認識やナンバープレート認識が必要な場合は、高解像度のカメラが必要になります。

記録方法とストレージ

カメラが捉えた映像の保存方法も重要な考慮点です。

クラウドストレージを利用するか、ローカルに記録するかによっても選ぶべき製品が異なります。

また、長期間の保存が必要な場合は、十分なストレージ容量を確保する必要があります。

暗視機能

夜間や薄暗い場所での監視が必要な場合は、暗視機能(赤外線LED)を備えたカメラを選ぶことが重要です。

暗視能力の範囲と質も製品によって異なります。

動体検知機能

動体が検出された際に通知を受ける機能は、不審者の侵入検知に有効です。

感度やカスタマイズ性を確認することが大切です。

価格とコストパフォーマンス

高価なカメラほど機能が充実しているわけではありません。

設定した予算内で、最も必要な機能を備えたカメラを選ぶことが大切です。

法律とプライバシーの遵守

設置場所や監視範囲によっては、プライバシー侵害や法律違反の問題が生じる可能性があります。

公共の場所や他人の私有地を無断で撮影しないよう注意し、必要な場合は専門家のアドバイスを求めましょう。

防犯カメラ 人気はどれ?

TP-Link ネットワークWi-Fiカメラは、屋内専用のカメラです。

ナイトビューモードが搭載されており、お子様やペットの様子を昼夜問わずスマホで確認出来るので安心です。

COOAU防犯カメラは、屋外専用の防犯カメラです。

500万画素の高機能カメラで、昼夜問わず家の安全を守ってくれます。

双方向通話や自動追尾、24時間録画も出来るので機能性も充実しています。

防犯カメラはどこで買うかを調べている人がよく思う質問

防犯カメラは自分で設置できますか?

防犯カメラの多くは自分で設置可能です。

ワイヤレスタイプなら配線の心配も少なく、基本的な工具があればDIYできますが、高所作業や複雑な設定は専門知識が必要になる場合もあります。

防犯カメラ 何日保存できる?

防犯カメラの映像保存期間は、使用する機器や設定により異なりますが、一般的には1週間から1ヶ月程度が多いです。

大容量のストレージを使用すれば、さらに長期間の保存も可能です。

防犯カメラは何費?

防犯カメラの費用は購入費用として初期に数千円から数十万円、維持費として電気代や場合によってはクラウドサービス利用料が月額でかかります。

ニーズに合わせた選択が重要です。

一人暮らしで防犯カメラは必要ですか?

一人暮らしの場合でも防犯カメラは有効です。

不審者の侵入防止や、留守中の安心感確保に役立ちます。

コンパクトで設置しやすいモデルが多く、初期投資を抑えられる製品もあります。

まとめ

防犯カメラの購入先として、ホームセンター、家電量販店、オンラインショップなどが挙げられますが、各店舗にはそれぞれの特色があります。

ホームセンターではDIY好きな方向けに、手軽に設置できるモデルが多く見られます。

一方、家電量販店では、最新技術を含む幅広い選択肢と専門的なアドバイスが魅力です。

また、オンラインショップでは多種多様な製品を比較検討することが容易にできます。

最終的には、利用者のニーズや設置環境、予算に合わせて最適な購入先を選ぶことが重要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次