\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

suicaはどこで買える?西日本のコンビニでも買える?suicaとicocaはどっちがいい?

suica どこで買える 西日本

毎日の通勤や通学などで電車などを利用する方も多いのではないでしょうか。
そんな時に便利なのが、お金を出さずに電車やお買い物にも使えるICカードの「suica」です
東日本エリアではsuica、西日本エリアではicocaですが、それぞれのエリア以外で買うことができるのかと思った事はありませんか?
そこで、このsuicaが西日本でも買えるのか?suicaとicocaそれぞれのメリットも含めて調べてみました。

\ ココで買える! /

日替わりお得情報!

楽天市場【24時間限定】タイムセール実施中!

毎日10時に商品更新!

【24時間限定】でタイムセールを開催中

\赤字覚悟の24時間限定プライス /

目次

suicaはどこで買える?買える場所を調査

suicaがどこで買えるのか調べてみました。

JR東日本の券売機・みどりの窓口

suicaはJR東日本の駅の多機能販売機やみどりの窓口で購入できます
子ども用のsuicaも購入する事ができますが、みどりの窓口のみとなっています。

子ども用suicaを買う時の注意点

子ども用のsuicaを購入する場合は、有効期限がありますので注意が必要です。
期限は、小学校卒業年の3月31日までとなっています。

JR東日本以外の券売機・みどりの窓口

suicaはJR東日本以外では購入できません
西日本エリアの方がsuicaを購入する場合は、ビューカードモバイルsuicaになります。

コンビニ

suicaはコンビニでは購入できません
関東エリアにある駅構内のキヨスクNew daysで購入できます。

オークションサイト

suicaはオークションサイトなどで出品はしていますが、残高などの詳細を十分に確認してから購入する事をおすすめします
メルカリでも出品をしていますが、オークションサイトと同様で、詳細の確認は必要です。

ネット通販

suicaはAmazonで購入できるようです。
残高などの詳細を十分に確認してから購入する事をおすすめします

モバイルsuica

モバイルsuicaではsuicaカードは購入できません
suicaの機能をそのまま使えるスマホアプリモバイルsuicaになります。
モバイルsuicaはスマホに登録して使うもので、suicaカードと同様に駅の改札やお買い物にも使えます

suicaとicocaはどっちがいい?利用シーンにあわせて解説

suicaとicocaがありますが、どっちがお得に利用できるのか、利用目的に合わせて調べてみました。

モバイルsuicaを利用したい場合

わざわざカードを持ちたくないという方にはスマホをsuicaにできるモバイルsuicaがおすすめです
モバイルsuicaでも改札機やお買い物にも利用できてとても便利です。

関西エリアの方でもsuicaを利用したいという方もいると思います。
その場合は、モバイルsuicaビューカードになります。

ビューカードとは?

2023年3月からスタートした「ビュー・スイカカード」
suica付きのクレジットカードで、電車やお買い物のなどの利用でポイントも貯まるお得なカードです。

2023年10月1日~2024年1月31日までの期間で、「ビュー・スイカカード」に入会や利用すると、最大で5000円相当のポイントがもらえるキャンペーンを開催しています。
持っていない方は是非エントリーして見て下さい。

ポイントを貯める・利用したい場合

通勤通学やお買い物など、毎日利用する方であればポイントもなるべくなら多く貯めたいですよね。
suicaとicocaのそれぞれのメリットを見てみましょう。

suicaの場合 suicaでポイントをを貯めるには、JREポイントサービスの登録が必要になります。

  • 電車の利用で貯まるポイント(在来線乗車ポイント)
  • 電子マネーで貯まるポイント
  • チャージで貯まるポイント
  • チャージでの還元率は1.5%(年間費が実質無料のクレジットカード利用)

icocaの場合 icocaでポイントを貯めるには、WESTERポイントサービスの登録が必要になります。

  • 電車の利用で貯まるポイント(時間帯指定ポイント・利用回数ポイント)
  • 電子マネーで貯まるポイント
  • チャージで貯まるポイント
  • チャージでの還元率は1.5%(年間費が実質無料のクレジットカード利用)

比較するとsuica、icocaそれぞれ独自のポイント還元があります
それほど大きな違いはありませんので、頻繁に利用するエリアのカードを持つ方がポイントが貯まりやすいのではないでしょうか。

定期券として利用したい場合

通勤や通学などの定期券として利用する場合は、交通系ICカードが必要になりますので、それぞれのエリアでしか定期券の購入ができません

suicaの場合

suica定期券は、あらかじめチャージしておき、入出場時にsuica対応の改札機の利用で定期券区間外の乗り越しも自動精算する事ができます。

icocaの場合

icoca定期券は、あらかじめ自動改札機でチャージしておく事で、定期区間外からの乗り越しや定期券区間外の駅から乗車した場合にも利用する事ができます。

suicaについて知恵袋などによくある質問

Suica どこで売っている?

JR東日本の駅構内のキヨスクやNew daysに売っています。

ICカードはどこで買えますか?

利用するエリアの駅の中にあるみどりの窓口や多機能販売機で購入できます。

Suicaはどうやって買うの?

多機能販売機を使って初めてsuicaを購入する場合は、新規購入を選び、指示に従ってボタンを押して進めていきます。
最後に現金かカードで支払いを行うとsuicaを発行できます。

Suica 何円で作れる?

suicaは、1000円、2000円、3000円、4000円、5000円、10000円のいずれかで作れます。

まとめ

東日本エリアで使えるsuicaですが、JR東日本の多機能販売機やみどりの窓口で購入できます
オークションやネット通販でも購入できますが、詳細など十分に確認してからの購入をおすすめします。
西日本エリアの方は購入する事はできませんが、利用したい場合はモバイルsuicaビューカードを作ると利用する事ができます。
電車やお買い物などでsuicaやicocaを利用すると、それぞれでポイントなども貯められるサービスもあるので、自分の利用目的に合ったカードを使ってみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次