\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

ブラックライトはダイソーなど100均やホームセンターで売ってる?Amazon楽天もリサーチ!

ブラックライト ダイソー

「ブラックライト」とは、紫外線を出力する装置のことで、「蛍光物質」が含まれているものに当てると光ります。

身近な場所でブラックライトが活躍するのは、「部屋」や「トイレ」です。

掃除したい場所を照らすと、ホコリやカビが白く光るため、見えない汚れを隅々までキレイにすることができます!

最近は、100円ショップでブラックライトが販売されているという情報がありますが、ほかにどんなお店で売っているのか気になりますよね。

そこで、今回は『ブラックライト』について、以下の内容を調査しました。

・ブラックライトの販売店
・ブラックライトの光の危険性
・ブラックライトの値段         
など

さっそく一緒に見ていきましょう!

\ ココで買える! /

日替わりお得情報!

Amazon【日替わり】タイムセール!

人気の商品が日替わりで毎日お得!

掘り出し物もチェック!

\期間限定!70%以上の割引あり /

目次

ブラックライトはどこで売ってる?

結論からお伝えすると、ブラックライトは100円ショップやホームセンターで買うことができます。

ここでは、具体的にどこの店舗で販売されているのか紹介しているので、さっそく見ていきましょう。

一部の店舗では、商品の取り扱い・在庫がない場合があります。

ダイソー

ダイソーでは、ブラックライトの代用品となる「マジックライトペン」が販売されています。

セリア

セリアでは、ブラックライトの代用品となる「キラキラシークレットペン」が販売されています。

キャンドゥ

キャンドゥでも、ブラックライトの代用品となる「キラキラシークレットペン」が販売されています。

カインズ

カインズでは、ブラックライトが販売されています。

ブラックライト カインズ
引用元:カインズ

ロフト

残念ながら、ロフトでブラックライトが販売されているという情報はありませんでした。

少なくとも、オンラインストアではお取り扱いがありません。

ハンズ

ハンズでは、鉱物用のブラックライトが販売されているようです。

家電量販店

ヤマダ電機やヨドバシカメラなど、家電量販店ではブラックライトが販売されています。

amazon

Amazonでは、ブラックライトが販売されていました。

楽天

楽天でも、ブラックライトが販売されていました。

Yahooショッピング

Yahoo!ショッピングでも、ブラックライトが販売されていました。

ブラックライトはアニサキス発見に使える?主な用途は?

実は、ブラックライトは私たちが知らないところで活躍しているんです。

主な用途は以下になります。

  • 部屋やトイレの掃除
  • 郵便物の仕分け
  • 紙幣やパスポート・クレジットカードの偽造チェック
  • アニサキスの検査

それぞれ順番に説明していきますね。

部屋やトイレの掃除

ブラックライトで部屋を照らすと、ホコリが白く光ります。

また、トイレ掃除では目に見えない菌やカビ・周辺に飛び散った尿などの汚れを発見することができますよ。

郵便物の仕分け

郵便局に集荷された郵便物には、目で見えないバーコードが印字されているそうです。
バーコードが印字されていることによって、機械で郵便物をスムーズに仕分けして、効率よく配達できるような仕組みになっています。

郵便物にブラックライトを当てることで、バーコードが浮かび上がるみたいですよ。

紙幣やパスポート・クレジットカードの偽造チェック

ブラックライトは、いろいろな場面の偽造チェックにも役立っています。

日本国内で製造されている紙幣には、透かしたり、傾けたりすることで偽造かどうか判別できるように、特殊な印刷などが施されています。
特殊な加工が施されていることにより、ブラックライトを当てると加工されている部分が反応し、偽造か判別できる仕組みです。

ほかにも、パスポートの個人情報が記載されているページにも、蛍光物質を含む特殊なインクで印刷が施されています。
海外へ旅行に行ったときに、入国審査でブラックライトを当てる審査官を見たことがある人もいるかもしれませんね。

クレジットカードにもブラックライトを当てると、会社によって異なるロゴマークなどが浮かび上がるそうですよ。

アニサキスの検査

なんと、ブラックライトはアニサキスの検査にも使われています。アニサキスとは、魚介類や海産哺乳類の体内にすむ寄生虫のことです。

日本では、魚をお寿司や刺身など、火を通さず生で食べる習慣があるので、毎年アニサキスによる食中毒が発生しています。

現状では、アニサキスを肉眼で見つけるのは非常に困難です。そのため、ブラックライトを使用した業務用のアニサキス検査装置が販売されています。

自分たちが知らないところで、ブラックライトが活躍していたんですね。

ブラックライトの光の危険性は?

ブラックライトは紫外線を出力している装置のため、使用するうえでいくつか注意点があります。

絶対にブラックライトを覗かない

目に見えるほかの光に比べるとエネルギーが強いため、ブラックライトを直接覗くことはあまり良くありません。

興味本位で目に当てたりするのはやめましょう!

紫外線をカットするゴーグルやメガネを着用する

ブラックライトを使用するときは、紫外線カット率90%以上のゴーグルや保護メガネを着用しましょう。

身近な場所で例えると、歯医者さんで診てもらうときに保護メガネを付けている先生や助手の人を見たことはありませんか?
口の中をブラックライトで照らすときに着用しているので、気になる方は意識して見てみてくださいね。

ほかには、できるだけ光の反射を抑えるために、ブラックライトを当てるものや場所の背景には黒いフェルトを使うのもおすすめです。

ブラックライトの値段はいくら?

ブラックライトの平均的な値段は800円~2,000円くらいです。

販売しているお店や時期によって値段が変わるので、あくまで目安として参考にしてください。

もしかすると、定期的にセールを開催しているネット通販であれば、通常より安く買えるかもしれません。

ブラックライト 人気はどれ?

今回ご紹介する商品は、Amazonで販売されている『ブラックライト』です。

高出力・高性能のUVライトを51個搭載したUVブラックライトで、広い範囲を照らすことができて、使い勝手の良さを実感できます。

実際に購入したお客様からはこんな声が寄せられていました。

さらに、Amazonでお買い物をすると、Amazonならではの“嬉しい特典やサービス“がたくさん用意されています。

\Amazonクレジットカードでお買い物をすると最大2.0%還元!/

  • 入会費・年会費が“永年無料
  • Amazonの買い物で100円につき1.5ポイント(Amazonプライム会員は2ポイント)
  • セブン・ローソン・ファミマでの買い物で200円につき1.5%分のポイント
  • Amazon以外での利用で1.0%ポイント
  • 紛失・盗難の連絡も24時間年中無休で受付
  • 最短5分の即時発行

Amazonクレジットカードでお買い物をすると、Amazonのお買い物だけでなく、日常生活のちょっとしたお買い物でもポイントが貯まって便利ですよ♪

ただ、普段から現金や電子決済でお買い物をしている場合は、「クレジットカードを作りたくないな」「作っても使う機会がないかも」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのが、『Amazonギフト券』です!

Amazonギフト券には、コンビニで買える「カードタイプ」やメールで受け取れる「Eメールタイプ」など、様々なタイプが用意されていて、自分の用途や予算に合わせて選ぶことができます。

もし、Amazonギフト券の残高が欲しい商品の金額より下回っている場合は、他の支払方法と併用して使うこともできるので安心してください!

今ならポイント還元率が最大20%

現在(2023年11月時点)“初めての方に限り“Amazonギフト券に5,000円以上現金チャージをすると、最大1,000ポイントが貰えるキャンペーンが開催されています。

Amazonのいろいろな支払い方法を活用して、おトクに買い物しましょう♪

ブラックライトはダイソーで売ってるを調べている人がよく思う質問

ブラックライトは100均で売ってる?

本格的なブラックライトではなく、簡易的な「ブラックライトペン」であれば販売されています。

なお、店舗により取り扱い・在庫状況が異なるため、来店する前に確認した方が良いかもしれません。

ダイソーペンライト 何時間持つ?

パッケージ裏面には「約4時間程度」と記載がありますが、使用状況により若干異なります。

セリアでUVライトは売ってますか?

セリアの「UV-LEDライト」という商品は、110円で販売されています。

ダイソーのUVライトはどこのコーナーに売ってますか?

主に「ネイルコーナー」に陳列されています。

ただし、店舗によって店内レイアウトが異なるため、店内を探しても見つからない場合は、店頭スタッフの方に聞きましょう。

まとめ

本記事では『ブラックライト』についてご紹介しました。

まとめ
  • ブラックライトは、100円ショップや家電量販店・ネット通販などで買うことができる。
  • ブラックライトは主に、
  • 部屋やトイレの掃除
  • 郵便物の仕分け
  • 紙幣やパスポート・クレジットカードの偽造チェック
  • アニサキスの検査

 などで使われている。

  • ブラックライトの光は紫外線のため、使うときは、
  • 絶対にブラックライトを覗かない
  • 紫外線をカットするゴーグルやメガネを着用する

 ことに注意する。

  • ブラックライトの平均的な値段は「800円~2,000円」。

ブラックライトは、様々な場面で活躍していて、意外と手頃なお値段で販売されています。

ブラックライトの購入を検討している方は、ぜひ紹介した店舗で買ってみてくださいね♪

この記事が少しでもみなさんのお役に立てば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次