Amazon【日替わり】タイムセール実施中! 詳細を見る

レコードはどこで買う?タワーレコード・SOULCLAPなど取扱店やプレイヤーのおすすめ調査

デジタル機器で気軽に音楽を楽しめるようになった現在、価値が再認識されている「アナログレコード」

CDには収録できない高い周波数の音まで記録できるため、音質の良さもレコードの魅力です。

そんなレコードはどこで販売されているのでしょうか?

タワーレコードで売ってる?おすすめのプレイヤーは?など、レコードの販売状況について徹底調査してみました!

日替わりお得情報!

楽天市場【24時間限定】タイムセール実施中!

毎日10時に商品更新!

【24時間限定】でタイムセールを開催中

\赤字覚悟の24時間限定プライス /

目次

レコードはどこで買う?

レコードはどこで購入できるのでしょうか?

タワーレコード・HMV・TSUTAYAなどでの取り扱いを調査してみました!

タワーレコード

レコードはタワーレコードで販売されています!

HMV

レコードはHMVで販売されています!

TSUTAYA

レコードはTSUTAYAで販売されています!

ゲオ

レコードはゲオで販売されています!

ディスクユニオン

レコードはディスクユニオンで販売されています!

SOULCLAP

レコードはSOULCLAPで販売されています!

SOULCLAPは、静岡県浜松市の海外買付け中古レコード店です。

レコード SOULCLAP
引用:SOULCLAP

タワーレコード・HMV・TSUTAYA・GEOなどでの取り扱いが確認できました!

レコードはネット通販で売ってる?

レコードはネット通販で販売されているのでしょうか?

Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングでの取り扱いを調査してみました!

Amazon

レコードはAmazonで販売されています!

利用することの多いAmazonでも購入可能となると便利で嬉しいですね!

また、Amazonプライム会員の方は送料無料で購入することが出来ます!

楽天市場

レコードは楽天市場で販売されています!

貯まっている楽天ポイントを利用することが出来れば、各店舗や他のサイトで購入するよりお得に手に入れられるかもしれませんね!

Yahoo!ショッピング

レコードはYahoo!ショッピングで販売されています!

また、Yahoo!ショッピングでは決済方法としてPayPay払いが使用可能です。

普段からPayPayを利用している方は、スムーズに買い物を進められますね!

Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングでの取り扱いが確認できました!

レコードプレーヤーの 人気はどれ?

レコードを聴くために必要になるのが「レコードプレーヤー」です。

ここからは、ネット通販で購入できる人気のレコードプレーヤーをご紹介します!

オーディオテクニカ レコードプレーヤー AT-LP120XBT-USB

Bluetooth®ワイヤレス接続、USB出力、アナログ出力に対応しているレコードプレーヤーです。

ワイヤレスヘッドホンやワイヤレススピーカーをペアリングして、好きな場所でリスニングできるほか、USB経由でレコード音源をデジタルデータに変えて持ち運ぶこともできます。

また、ダイレクトドライブ方式や高精度DCモーターにより立ち上がりが速く、回転ムラが少ないため動作が非常に安定しているのもポイントです。

ION AudioVinyl Transport

クラシックなスーツケース型タイプのレコードプレーヤーです。

レトロでかわいらしいデザインで、カラーは黒・青・赤の3種類があり、外観にこだわりたい方にもおすすめです。

ステレオスピーカーが内蔵されているため、すぐにレコードの再生が可能です。

単三電池4本でも駆動でき、前面にはハンドルが付いているため、ケースを閉じれば気軽に持ち運べます。

愛曲楽器バーゲンセンター
¥9,400 (2024/05/30 22:07時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

レコードはどこで買うを調べている人がよく思う質問

レコードはどこで売ってる?

タワーレコード・HMV・TSUTAYA・GEOなどで販売されているほか、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなどのネット通販でも取り扱われています。

レコードが人気なのはなぜですか?

コロナ禍により、家にいる時間を充実させる傾向が強まったことが理由だと言われています。

外ではデジタルで気軽に聴き、家ではレコードに針を落として手間をかけて音楽を聴くというスタイルが人気になっています。 

レコードを聴くには何が必要ですか?

スピーカー内蔵型のレコードプレーヤーを購入すれば、それだけで聴くことができます。

ただ、本格的なアナログシステムを構築したい場合には、最低でも「レコードプレーヤー・アンプ・スピーカー」の3つの機材が必要になります。

レコードは何年まで?

国内で一般的なレコードの生産が終了したのは1991年だと言われています。

まとめ

以上、レコードについての徹底調査でした!

タワーレコード・HMV・TSUTAYA・GEOなどで販売されているほか、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなどのネット通販でも取り扱われていることが分かりました!

店舗でレコードを販売しているところは減ってきてしまっていますが、今でも取り扱い店舗はあるようです!

ネット通販でも多く取り扱われているので、実店舗で目当てのレコードが見つからない場合は、ネット通販も覗いてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次